てくてくテック☆

「Excel方眼紙使い」から「スマイルエンジニア」にジョブチェンジ。千里の道も一歩から。テック(Tech)の道をてくてく歩く。2017 年の目標は「毎日アウトプット!」。

SL4A でインタプリタの文字サイズを変更する方法

覚えたての perl も活かせるし、
やってみたかった Android プログラミングもできるしってことで
SL4A(Scripting Layer for Android)」に挑戦中ー!

SL4A のインストール方法とかは下のサイトを参考にしました。
SL4A による Android プログラミング

無事に Android エミュレータperl をインストールできたんですが、
最初に困ったのが、インタプリタの画面の文字!

ちっちゃ!!

画面に寄って見たり、
自分の視力の悪さを差し引いても読めなさすぎる。。

エミュレータの解像度は 480 * 854 で
確かにそんなに大きくないかもだけど、そういう問題でもないはず。

エミュレータの操作すらままならない状態だけど、
あれこれ触ってたら、

MENUボタン > Preferences > Font size(pt)

から変更できました。

16pt でこんな感じ。(元は 10pt)


ちなみにインタプリタを起動すると、
勝手に横向きで起動されて、これもちょっと困った。
(顔かたむけて見たり?)

こちらは

[Control] + [fn] + [F11]

で直る。
(というか、エミュレータの画面を横向きにしただけ。。)

Alert 表示くらいしか試せてないけど、
SL4A すごい楽しい!!

ただ、いろいろ調べてみても、みんな Python でやってて、
それ以外の情報があんまりないのが残念。。

なんでだー??